安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 食菜くらぶの仲間たち/がんばれ福島・宮城・岩手そして茨城!!

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

食菜くらぶの仲間たち/がんばれ福島・宮城・岩手そして茨城!!
がんばれ福島・宮城・岩手そして茨城!!

 メールマガジン「オルタ」からご許諾をいただきましたので、濱田 幸生氏の罹災から1週間の様子を、転載させていただきます。
 濱田氏とオルタの代表加藤氏に御礼申し上げます。

杉本拝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
がんばれ福島・宮城・岩手そして茨城!!濱田 幸生    
  −忘れられた被災地茨城からの通信−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【被災3日目】

 私は無事です。余震は今でも来ますが、たった今、電気が通じました。3日ぶりです。思わず、夫婦でバンザイを叫びました。こんなに電気がありがたいと思ったのは初めててす。生涯このような激震は初めてでした。まさに地面が波うつ。建物が左右にふられる。地面は亀裂し、口を開ける。茨城でも深度4でした。
 私はそのとき室内にいたのですが、食器棚が倒れ、冷蔵庫がブラブラと倒れかかっていました。グラグラ、グァッチャーン、バリバリ。私はその時、買ったばかりの液晶テレビを支えていました。バカですね。カミさんは倒れた本棚であばら骨を折りました。もっとも当人はこんなものサロンパスだと言っています。

 村の中では橋は崩落し、道は裂け、車は落ちました。わが市は道路が寸断され、水は3日間止まりました。携帯すら通じません。すべてライフラインが絶たれたので、一番大変だったのは、長期の停電のために鶏に水がやれなかったことです。川に水汲みに行きました。自分の水などどうでもいい。彼女たちを殺してはならないと必死でした。鳥飼という家業は、まず自分の水より家畜の水を考えるということがわかりました。

 そして、電気が来て初めて先ほどテレビで宮城県の惨状を知りました。今まで停電した暗闇の中でラジオで聞いていたことが、絵になりました。うまく言えません。涙があふれます。凄まじい、凄まじすぎる被害です。自分自身が被災者となって、かえってこんなことを知らなかった。ひとりでも助かってほしいと思います。

◆【被災4日目】

 余震で目が覚めました。これほど頻発に余震が来るものだとは思ってもいませんでした。地底でズズっという低周波が響き、そしてたちまちそれは強い揺れに変わります。地震に馴れてしまうというのもおかしな話なのかもしれませんが、毎日こうも余震が続くと、「あ、これは弱いな」とかわかってしまうものなのですね。
 12日の大地震はほとんど身構える余裕もなくほぼ垂直に襲ってきました。私の家は震源地のひとつである鹿島灘沖に近いためにまさに建物ごと大きく縦に揺さぶられるといった感じでした。その時、表にいた人はまさに大地がうねっていたと言っていました。建物が飛び跳ねていると表現をした人もいました。

 私の居間ではあらゆるものが落下してきました。額、皿、ライト、テレビ、本、食器棚、冷蔵庫が狂ったような舞いを踊り出し、大音響と共に中のものをぶちまけました。ドアや窓は勝手に開き、窓際に置いてあった花瓶が2メートルも表に飛び出していました。わが家の屋根はアスファルトシングルなので崩落しませんでしたが、伝統的な瓦屋根の多くはずれ落ちて、地面で砕けちりました。農家の壁土も壊れました。

 おっとまた余震が来た。たぶん震度2。このていどだとテレビも発表してくれません。1時間に2回は来ます。この数日は携帯の緊急地震速報のけたたましい音が鳴りっぱなしでした。この携帯もつながり出したのは昨夜あたりからで、それまではほんの近くの友人宅にも圏外が出る有り様でした。中継基地が壊れたためらしいですね。もちろん設置電話は論外。

 ともかくなによりも大事なのは水です。そして情報でした。

 農家ですから食べるものはなんとかなるのですが、水を汲むポンプの電気がこないことにはどうにもなりません。よもや川で水汲みをするはめになるとはおもいもよりませんでした。水については重なる恨みがあるのでまたの機会にしましょう。被災県の皆さんのひとりでも多くのご無事をお祈りしています。

 わが県も福島県からの原発難民を引き受けるそうです。もし民家が必要ならば、喜んで提供する用意があります。お互いに被災者同士です。あの恐ろしさを共に体験した人間同士です。共に復興しましょう。

 がんばろう、福島、がんばろう宮城、がんばろう、岩手!そしてがんばろう、わが茨城!

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」