安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 食菜くらぶの仲間たち/河上民雄先生の思い出

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

食菜くらぶの仲間たち/河上民雄先生の思い出
河上民雄先生の思い出
河上民雄先生のこと


河上民雄先生の思い出

 私は河上丈太郎先生の最後の秘書でした。丈太郎先生のご長男である河上民雄先生は、当時、アメリカ留学から戻り新進気鋭の政治学者として大学教授をされながら、丈太郎先生の政策立案や演説原稿を書かれるなど、表面には立たず父上を支えていらっしゃいました。
 私が河上丈太郎先生の秘書になったのは、ほんの偶然でした。大学の社会学部にいた私は、就職前に英語を少し勉強しようと、知り合いの紹介で丈太郎夫人の経営する河上英語塾に入り、そこで丈太郎先生の秘書さんがお嫁にいらっしゃるので、その後任秘書にということで秘書になりました。

 当時、河上丈太郎先生は社会党委員長として活躍され、SPが付き、新聞記者がいつも取り囲み、また社会党のみならず、多くの政治家や経済界の方々が出入されていましたが、その後、私が秘書になって初めてのお正月明けにくも膜下出血で、それから約1年の闘病生活に入られることになりました。丈太郎先生が病に倒れたことをきっかけに、民雄先生ご一家とのお付き合いが始まりました。アメリカのコロンビア大学の留学を終え帰国されたばかりの新進気鋭の学者と津田塾大出身の京子夫人は、父上の進退問題について丈太郎夫人と党の幹部や後援者達と難しい話し合いが続いていました。その頃、民雄先生はいろいろなご著書を発表され、政治学者として、大学教授としても順風満帆で、丈太郎先生の知恵袋として黒子に徹していらっしゃいましたが、丈太郎先生の病をきっかけに後を継ぐよう強い要請を受け、最終的には神戸から立候補されることになりました。
 その後は政治家として外交問題を得意とされ、父上とは違うタイプの政治家になられました。父上は東大を出て弁護士になられ、大学教授から政治家になられ、民雄先生は東大で歴史を学ばれ政治学者として活躍中に、大学教授から政治家になられました。共に江戸っ子の庶民派で相撲好きで、お茶目な面をお持ちで真面目なクリスチャン親子でした。民雄先生は歴史や哲学に基づいたお話には説得力があり、海外でもその人望とインテリジェンスに定評があり、そのおかげで私もお世話になりました。

 以前、私は仕事で南の島で自然破壊をしないリゾート開発を目指し、地元の人達と共同して行うプロジェクトを日本のS社の支援を受けて進めていました。場所は現在の北マリアナ連邦、当時は国連信託統治領でアメリカの委任統治領だったロタ島ですが、外国人の投資活動が制限されていたが、投資法が変わろうとしている時期でした。終戦までは日本が統治していた地域で、その時代に教育を受けた指導者層は勤勉に働くことを身につけた人が多く、特に親日的な島でした。事業のための土地交渉は、島の居住者よりアメリカの意向が反映する環境で、住民意識と異なる方向にいく傾向がありました。私達が理想に燃えて進めようとしていることが地元の人達の民意に添っているもので、何とかそれを統治者が理解して順調な交渉をしたいと考え、民雄先生にご相談しました。民雄先生はアメリカのご友人のボブ・イマーマン氏(Mr.Robert Immerman)に話して下さったので、交渉に行った時に「貴女は河上丈太郎先生の元秘書だそうですね」と言われ、アメリカ内務省を通して「善処せよ」という指令が出ていたことがわかりました。その時にお世話になったイマーマン氏は、その後、在日アメリカ大使館勤務になられ、お二人は旧交を温められました。

 河上民雄先生にはいろいろなご活動がありましたが、政治家として金大中事件に関わることを忘れることはできません。金大中氏が韓国において死罪とされそうになったとき、その延命のために西ドイツのブラント元首相が社会主義インターの大会で「金大中を殺してはならない」ということを演説し、結果として金大中氏は死罪を免れ、後に大統領になりました。そのきっかけになったのは、その会場で河上先生の主張をブラント氏が理解し、演説原稿に付け加えたからです。その時の様子を後に詳しく伺いましたが、普通だったら、そう思っても同行した日本人の反応や周囲の状況から諦めてしまうようなことなのに、河上先生はブラント氏に直接その主張を理解させる行動を実行されたからです。穏やかなあの河上先生がいざとなると信念を決して曲げず、勇気をもって実行されるところが河上先生らしい一面です。
 
 印象的なことの一つに、ドイツの東西がまだ隔たっている時代に、ベルリンの壁がもうじき壊れ東西がいっしょになる前兆を外遊された時に気がつかれ、そのことを発表されましたが、当時はまさかと反論を受けたました。結果はご承知の通りです。そのような事例や歴史などその論点は幅広いのですが、知性と教養ある人は小さな出来事や指導者の微妙な言動から予測することができるということを先生から何回も教えられました。そのことはどんな小説よりも面白く、河上先生との会合が我々の楽しみでもありました。

 河上丈太郎先生と弁護士事務所を共同経営されていた美村貞夫弁護士は一昨年に99才で亡くなられましたが、その美村貞夫先生に仕事の関係でお世話になったことがありました。丈太郎先生が亡くなってだいぶ経つのに、河上先生の周辺は以前と同じような交流がずっと続いていました。そのような関係から美村先生にご相談することが公私ともに多かったのですが、裁判所で私が美村先生といっしょに行きましたら、相手側は美村先生が現れたことにかなり驚かれ、結局その案件は示談であっという間に解決してしまいました。そのことを河上民雄先生にご報告しましたら、先生は笑いながら、「美村先生は実力と人柄を併せ持つ日本一の稀有な弁護士です。多くの方がそれを知っていて美村先生を尊敬していますから」と説明してくださいました。その説明は、河上先生親子にも通じる、実力と人柄を併せもつという点で美村先生と同類の方々だったのだということに気づきました。
 なぜこんなに長い間、河上先生とご縁をいただいたのだろうかと考えると、わからないことがあると先生どうしてですかと教えを乞うていました。河上先生の周辺にはそういう方ばかりで、画家の宇野マサシさんや書家の小畑延子さんも師がいなくなり、どうしようと嘆いていらっしゃいました。お人柄と実力を併せ持ち、誰にも分け隔てなく接してくださったことありがたく、いつも駆け込み寺のように頼りにしていました。

 このNPOを設立する時にご相談しましたら、私の話しを聞いた後、紙に書いてくださったのが「勇気こそ、地の塩なれや 梅真白 草田男」と俳人 中村草田男の句でした。聖書のマタイによる福音書にも出てくる“地の塩”には、原点を忘れるなという意味合いのことをお話くださいました。初心を忘れないということをこの言葉に託して下さいました。
 いいご縁をいただいたことに感謝して、教えを守れればと思います。 (杉本)

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」