安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 食菜くらぶの仲間たち/心あたたまるチャリティコンサート

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

食菜くらぶの仲間たち/心あたたまるチャリティコンサート
心あたたまるチャリティコンサート



 5月25日の久保陽子さんチャリテイコンサートは、文京楽器?のご厚意で会場をご提供いただきました。この会場は同社が最近オープンしたヴァイオリンを聴いていただくためのスペースです。文京楽器は久保陽子さんや著名な演奏家のための名器を海外から輸入すると同時にヴァイオリン工房を経営され、未来のヴァイオリニストがたくさん出入されています。
 TOVICと名付けられたこの会場で、久保陽子さんのチャリテイコンサートを開催いたしました。ホームコンサートのような雰囲気で、50人位のお客様に集まっていただきました。プログラムは「バッハとパガニーニ」シリーズ第3回で、無伴奏バイオリン・ソナタ&パルティータより パルティータ 第3番 ホ長調 JWV1006, N.パガニーニより21番、22番、23番、24番でした。

 コンサートの終了後、懇談のパーティー会場にはスタッフの手作りのお料理が並び、南三陸から届いたタコのカルパッチョ、古代豚の白石さんから届いたハム類のオードブル、柴海さんの絶品トマト等など、日頃からご紹介している食材をご紹介することができました。
 素敵な演奏をしてくださった久保陽子さんには、さすが難曲の聴きどころを説明された上での演奏は素晴らしく、我々は息を詰めて聴き入りました。

 土曜日で床屋さんの忙しい中、息子さんに店を頼み、南三陸の三浦さき子さんをご紹介くださった古里由夫さんが駆けつけて下さいました。古里さんは三浦さき子さんが最近、北海道で講演を頼まれた時の原稿を読み上げた時、生々しい
三浦さんの言葉の文章に何度か言葉を詰まらせながら、読み上げました。私達はすでに2年以上経っており、被災地のことを忘れるわけでないが、少し遠いことのような感覚にいつの間にかなっているかもしれないと反省させられる内容でした。古里さんは今でも月に1回は南三陸近辺を今でも訪れ、自分達が応援していることを態度で表しています。

 南三陸の応援は継続させるよう、私達も情報を定期的にお届けしたいと思ってます。
 次回のチャリテイコンサートは12月の予定です。

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」