安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 南三陸だより/南三陸だより 9月号

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

南三陸だより/南三陸だより 9月号
南三陸だより 9月号
今月のお届けはホタテです!!


 南三陸の三浦さんが8月は毛蟹が美味しいとお知らせがあり、毛蟹の欲しい方に緊急でお知らせしました。お盆の頃は値段がとても高くなってしまいましたので、少し時期を延ばしましたら、天候の関係もあり、とうとう蟹が終わってしまいました。ご注文をいただいた方、申し訳ありませんでした。来年まで待ってください。

 毛蟹の替わりとしてホタテでどうでしょうと三浦さんから連絡がありました。毛蟹の替わりのホタテは10枚とワカメ、それに茎ワカメが入りました。ナマモノなので保冷剤と保冷箱とクール便で経費が随分とかかりましたが、届いたものはとてもお得な感じがして、ホタテもとても美味しいと大好評でした。お刺身でいただけるホタテが10枚届くので、ちょっとしたご馳走で9月もまたお願いしたいと再リクエストありました。

 9月のお楽しみセットお届けはホタテです。お刺身や殻ごと焼くかして下さい。ご希望の方はFAXかメールでお知らせください。(FAX 03−5159−0016) メール:sugimoto@shokusai.jp 代金は3000円プラス送料です。
ホタテをお刺身にする場合、殻を向くヘラのようなものがあります。ご入用の方は1つ100円ですが併せてお知らせ下さい。

慶明丸募金箱を開けました!!


 5月に行いました久保陽子チャリテイコンサートの時に、会場にて慶明丸の募金箱を置いて、皆さまにご寄付をお願いいたしました。この募金箱は古里由夫さん達が鳥の巣箱を活用して作ったものですが、頑丈に釘付けされていて開けられないものです。コンサートで募金したお金が入ったまま、三浦さんのところに届け、目の前で開けるつもりでしたが、古里さんの理髪店組合が南三陸ツアーを8月に実施することになったため、その募金箱をお返ししなければと、先日、古里さんの店にその募金箱を持ってお訪ねしました。しっかりと釘付けされていましたのを、釘を抜き、屋根の部分を開いて、中の募金したお金を取り出しました。5000円札、1000円札、100円玉、50円、10円等など、合計24,760円でした。ご協力いただいた方々に御礼を申しあげます。

 その後も応援金をお送りくださる方もいらして、この募金に加えて慶明丸の必要備品を購入する資金になればと考えています。                                                       (杉本記)

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」