安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 南三陸だより/募金箱を開けました

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

南三陸だより/募金箱を開けました
募金箱を開けました
5月に集めた募金箱を開けました



 昨年12月に<南三陸戸倉の三浦さんとつなぐ会>のご案内をしました。その時から4月までチャリテイコンサートで支援の呼びかけをして、多くの方から寄贈品や応援金、会場での募金などにご協力をいただきました。

 三浦さんは今年の3月下旬に食堂 慶明丸を復興させました。私達は慶明丸の設備や備品の一部をお手伝いできたらとそれまでに集まった義援金の活用を考えていましたが、三浦さんの希望されるものと我々が集めた金額ではなかなか妥協点がありませんので、それは現金としてお贈りいたしました。

 慶明丸の完成と共に、食堂として営業を開始し、遠くの方々には三陸の海産物をお送りすることができるようになりました。海産物を購入することでの支援という考え方で、少しづつ、購入者が増えてきました。三浦さんもお手伝いする私達も慣れませんので、いくつかの反省点もありました。送料と保冷剤、箱代がかかるのですが、それでも、取り寄せてもリーズナブルという価格にするための工夫をしていただきました。
 夏はウニが好評でした。9月からホタテを送るようになり、これからホタテと牡蠣、だんだん三陸名物がいただける季節になりました。

 その後、応援金を引き続きお送りくださる方もいらっしゃるので、5月の久保陽子さんのチャリテイコンサートの時に集めた募金と合わせたお金で、今度は三浦さんが欲しいとおっしゃっていた冷蔵ショーケースをお贈りすることにしました。
 三浦さんはガラスの引戸で、中にある商品が見られるようなタイプの冷蔵のショーケースがあると、ワカメなどストックでき、また食堂を訪れる人にも販売できるとの希望を聞いていましたので、いろいろ探しインターネットで見つけたホシザキの新品に決め、今月半ばにはお届けけきる見込みです。インターネットで見つけるまで、古里由夫さんにもお世話になり、現地でも三浦さんに確認し、インターネットで候補のショーケースの情報をいただきました。

 慶明丸の商売の道筋は整いつつあります。あとは、どれだけ売り上げを確保できるかというところです。どうぞ、南三陸の美味しいものを召し上がって下さい。とても美味しいし、東京で購入するよりずっと品質と味もよく、お値段もリーズナブルだと思います。

 引き続きのご支援をお願いいたします。                                    (杉本記)

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」