安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Essay
  • 食菜くらぶの仲間たち/孫崎 享著 「戦後史の正体」は必読の書

Essay:箸やすめコーナー・各界の方の連載エッセイです。

食菜くらぶの仲間たち/孫崎 享著 「戦後史の正体」は必読の書
孫崎 享著 「戦後史の正体」は必読の書
孫崎享著「戦後史の正体1945〜2012」(創元社)を読んで



著者の孫崎享(まごさきとおる)氏は1943年生まれ。元外交官で、英国陸軍学校に派遣され、その後ソ連、イラク、イランで勤務。東京では国際情報局長もつとめ、その後、防衛大学校教授として戦後の日本外交史を研究する立場にありました。そのような経歴と経験をお持ちの孫崎氏だから書かれた内容は鋭く納得でき、興味深いものでした。日本人として良心と誇りをお持ちの勇気ある方だから書けたのだろうと想像します。

この本を実際に読んでいただきたいのですが、概略は日本の敗戦、アメリカに占領されたところから現在までの日本の外交について記述されています。その外交方針はアメリカに「追従」するか、日本の独自の考え方を貫く「自主」でいくか2つの相反する外交方針が戦後から現在までの続いており、どちらでいくかが政治家や官僚の生命は決まっています。「自主」を選択した多くの政治家や官僚は排斥されています。また、それをマスコミや経済界においても同様で現在も続いています。

我々が知っている政治家もたくさん登場し面白く読めます。我々の持っていたイメージと異なる政治家、思いがけない側面があることなど興味深く読みました。例えば、威風堂々とマッカーサーと渡り合うイメージの吉田茂は実は全く逆で、アメリカに追従するだけのアメリカにとって都合のいい政治家であったので長く政権のポストを得ていた長命の人、石橋湛山はアメリカも認める「日本の立場を堂々と主張する人物」の「自主」で国民の人気も集めたが、アメリカにとって都合が悪いから“思い切った措置”され短命、重光葵も同様の「自主」の人でした。意外だったのは岸信介で、講和条約のままでは日本民族の恥さらしだと考え「追従」から「自主」への脱却を図っていたとのことです。

 個人的にいえば、若い頃はアメリカ文化に憧れ、アメリカのホームドラマに感動し、日本にとって懐の深い友人的な民族と信じていました。しかし、そうではなかったということを後に知ることになります。
以前、アメリカで大勢の人の前で、トヨタの車をハンマーで叩き割っているニュースを見て仰天したことがありました。経済力をつけてきたことから来る日本タタキでした。アメリカといえども自分中心の中華思想の国だとその頃から思うようになりましたが、その背景もこの本から理解することができます。

 東日本大震災の原発事故の後で、テレビで原子力発電所がどのように導入されたかという古いドキュメンタリー番組を見ましたが、そこで明かされた事実は愕然とするようなことばかりでした。そのドキュメンタリー番組がその当時に本当に放映されたのかと思うような内容でしたが、福島原発の問題で再放送放映されました。
というのは、当時、原子力の平和利用とマスコミの力で新聞に書き立て、原子力発電所が日本に導入されました。実はたくさんの問題がありましたが、その一例として明らかにされたことは、当初、日本側は発電所の設置予定地は崖の上だったが、アメリカから設計図と異なるからとクレームがあり、わざわざ海抜すれすれまで敷地を掘ったそうです。万が一の時に海水が侵入すると反対した専門家の意見は完全に無視されました。設計変更すると莫大な追加資金を要求される、絶対に安全だから必要ないということで、政官経マスコミ、揃ってアメリカ追従だったとのことです。福島原発事故の後で放映された当時のドキュメンタリー番組の再放送は仰天するような事実がありました。まさに「追従」の方針でした。
 
自国の問題を丸なげしないで、もっと学びタフに交渉できるようになるにはどうしたらいいのかと思います。この本のあとがきに記載されていますが、カナダのピアソン元首相が「米国に対し、毅然と物をいう首相」として米国からのつねに強い圧力をかけられても跳ね返し、その後の歴代の首相たちが「毅然とものいう伝統」を継承し、国民から支持を受けているそうです。日本にもそういう政治家もいますが、残念ながらそういう人達は反対派がアメリカと結託して潰されてしまうのです。「米国と対峙していくことはきびしいことだ。しかし、それでもわれわれは毅然として生きていこう。ときには不幸な目にあうかもしれない。それでもみんなで乗り越えていこう」というカナダには良き伝統が生き、それを支持する国民がいるということに希望を持ちました。特に若い人達がそのような判断力をもち、日本の舵取りをしてほしいと願います。

そういう意味でこの本はこれからの若い方にはぜひ読んでほしいと特にお薦めします。
                                   (杉本記)
                                  



 


 

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」