安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Event
  • 【報告】服部幸應先生講演会/今の環境と食の安心

Event:楽しいこと・お出かけは心が健康になります。講演・交流会など、私たちに相応しいプランをご案内します。お誘い合わせてどうぞ。

【報告】服部幸應先生講演会 今の環境と食の安心

【日時】2013年02月25日(月) 14:00〜15:30(13:30開場)

【場所】星陵会館ホール

2月25日(土)に日比谷の星陵会館ホールで行われた服部幸應先生の講演のご報告です。
 
 服部先生のお話は漫談調ながら、実は深刻な意味を問いかけていらっしゃいました。
 今回のテーマは「今の環境と食の安心」ということですが、あまり安心でもいられない、何故こうなってしまったのかということも含めて、日本の現状をたくさんのデータを示しながらお話をされました。以下、講演内容の概略です。

 近頃、仕事を2カ月位で変える若者が多い、授業でも人の話を聞かない、無視をするなど、生徒の授業を受ける様相が昔と変わって来ています。授業で人の話が聴けない、反応しない、無視する生徒が多くなっているのはなぜでしょうか。

 戦後アメリカにより今の日本国憲法がつくられましたが、その法律の骨子は日本の家族主義を壊すという目的がありました。8名の専門家によってその法律をつくられたが、その中のある人が近年来日して、日本ではまだその法律が生きていることを知りびっくりしたそうです。その結果として日本の家族主義から個人主義に変わりました。
 データによると、世界20カ国の高校生の意識調査で、”先生を尊敬しますか”という問いに中国は80.3%、韓国は84%、アメリカでも82%が尊敬するとなっています。OECDの185カ国の平均が72.3%ですが、日本は何と21%です。
 ”親を尊敬しますか”という調査でも世界平均は83.6%ですが、日本は25%です。先生も親も尊敬するという数字がこんなに低い国になってしまいました。誰がこんな国にしたといいたいです。

 「早寝早起き朝ごはん」といういい言葉がありますが、皆さんは小学生のころ、何時頃に寝ましたか?私は7時半です。8時とかそのようなものでした。今の小学生は受験生を除いて日本の全国平均は10時45分です。某テレビ番組の影響で大きく変わったといわれています。因みにアメリカでは8時20分です。
 不登校の生徒が今17万4千人います。今の親は子供を甘やかし、家族の団らんがないところからきています。家族いっしょにいても会話がないのです。日本の96%の家庭では食事をするところにテレビがあり、テレビを見ながら食事をしています。外国の平均は37%で、その中でつけている家はその半分位です。夫婦2人になってしまった会話のなくなった家はいいですよ(笑)しかし、子どもといっしょの時は家族団らんしてください。授業で人の顔を見ない、反応しない子どもが多いのは、人間の会話は一方通行でない、やりとりがある両通行であることを家族団らんの中から身についていくことです。
 この講演会では皆さんはよく笑い、うなずき、すぐに反応してくれます。それで私ももっと皆さんに合う内容にしようと気持ちが乗せられます。講演は講師の一方通行でなく、送り手と受け手の両方向に通じ合うやりとりがあるのです。そのように反応するということが無くなってしまった若者が多いのです。「相槌ロボット」というのがあると言う話ですが、その位に無反応、無表情という人が増えたということです。家族の団らんから身につくことです。
家庭の教育は釣り糸とつり針を与え、使い方を教えるところ、学校は釣り糸とつり針の
作り方を教えるところで、そこを間違えてはいけません。

 被爆のことですが内部被爆について言えば、小さなお子さんには5年後のことが心配です。26年前のチェルノブイリでは6000名の被爆者でした。日本ではすでに耳のないウサギが生まれました。その子どもは耳があったので1代の影響のようです。放射能はレントゲン等、医療関係や自然界などからも受けています。ホットスポットが麻布の低い土地にもあるそうで、静岡県のお茶からも検出されています。心配なのは海洋汚染で、グアム島からハワイと海洋で回っています。ジェット気流に乗って影響が出てきます。どのような影響が出るのかが気になりますが、食糧問題にも影響が出てきます。

 日本の食糧自給率がどの位か皆さんご存じですか?海外では74%ですが日本のカロリーベースで39%です。61%が外国からの輸入に頼っています。しかし、日本に売ってくれない状況が出てきました。それはロシアや中国が急成長して富裕層が増えたためです。日本人は豊かすぎたから、電気・水道・ガス・食糧などいざという時にどうするかという安全保障のことを考える教育がされませんでした。毎年8月15日に食糧自給立の発表が新聞に載りますが、日本の食糧自給立は20%台になるのではないかと某大使館に聞かれて答えました。
 急激な超高齢化社会で、49年の統計で100歳を超える人が4万7千人、その中の4万人が女性です。しかも68%が寝たきりです。
 今の環境は楽観できません。食糧自給率、放射能問題、日本人の資質の変化、どれもが
深刻な問題ですが、食卓を囲んで家族が集う、そこでの繋がりの大切さを子どものいる家庭では実行してほしいと思います。

 以上です。実際にはもっといろいろなエピソードやデータを駆使された中身の濃いご講演でした。時間をオーバーする位に熱心に今の問題をお話下さった服部先生に心より御礼を申し上げます。                           (杉本記)

服部幸應先生講演会

プロフィール

    <服部幸應プロフィール>
    1945年生まれ。東京都出身。立教大学卒業。
    昭和大学医学部博士課程学位取得。
    (社)全国調理師養成施設協会会長、(社)全国栄養士養成施設協会副会長、
    内閣府「食育推進会議」「食育推進基本計画検討会」 委員。
    学校法人服部学園 服部栄養専門学校理事長・校長
    医学博士/健康大使
Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」