安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Event
  • 【報告】久保陽子「バッハとパガニーニ」コンサートご報告/復興支援の祈りを込めて

Event:楽しいこと・お出かけは心が健康になります。講演・交流会など、私たちに相応しいプランをご案内します。お誘い合わせてどうぞ。

【報告】久保陽子「バッハとパガニーニ」コンサートご報告 復興支援の祈りを込めて



最初は誰でも知っている「アヴェマリア」から始まりましたが、久保さんの被災地に向けての祈りの心が溢れていて、思わず涙が出そうになりました。被災地で久保さんの演奏を聴いた心身障害者や小学生たちが、知識がなくても深く感動していた姿を思い出しました。

「バッハとパガニーニ」は、難しい曲と思いましたが、久保陽子さんは誰でも理解できるように、どこがどのように難しいとされているのかということを解説してくだいました。パガニーニは国際コンクールの課題曲になる位、難しく地味な曲でヴァイオリニストにとって弾く時に指が届かないのを、どのように弾けるようになるのかとか、どこの部分が難解とされるかというポイントを教えて
くださり、息をつめてその部分を聴き、いっしょに演奏しているような気分でした。いかに体力、気力がいるか、持続力には筋力も必要であるということがよくわかりました。

 まるで遠い感じがしていた「バッハとパガニーニ」が急に馴染みの曲になりました。久保陽子さんは天才少女として小さい頃から注目され、パリの政府給費留学生となり数々の国際コンクールで入賞をして世界的なヴァイオリニストとして日本を代表する演奏家として現在も活躍されています。中でも有名な久保さんのパガニーニ事件については、インターネットでその状況を知ることができますが、久保さんの実力とそのお人柄がいかに素晴らしいか納得します。パガニーニの曲は久保さんの師匠であるJ.シゲテイ先生からこれは貴女のための曲だといわれ、若いころはこの難しい曲をとてもできないと思い、指が届かないと苦労したのが、長い間にいつの間にか自然にできるようになったというエピソードもお話してくださりながら聴いたパガニーニは、久保さんの生き方そのものの音色でした。テクニックでなく、そのお人柄が音色に出るのだということをみんなが納得したと思います。

 写真はバッハを演奏中の久保陽子さんと昨年、被災地でのコンサートの様子です。
 古里由夫さんとそのお仲間の被災地でのカットボランテイアの写真です。このご縁で南三陸町の三浦さき子さんたちの
海産物の事業を私たちは応援して行こうとしています。「食菜ふるさとファンド」の原点です。チャリテイコンサートは
この支援を目的にしています。

 第2回は秋の予定です。会場が決まり次第、ご案内いたします。                  (杉本記)

 プログラム  
   ◆シューベルト アヴェマリア
◆J.S.バッハ:ヴァイオリン無伴奏ソナタ第1番 ト短調 BWV1001
           アダージョ/フーガ アレグロ/シチリアーノ/プレスト
◆パガニーニ:24のカプリースより第1番、第2番、第3番、第4番

久保陽子「バッハとパガニーニ」コンサートご報告

プロフィール

    久保陽子 Yoko KUBO ヴァイオリン
    3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、ジャパン・ストリング・クヮルテット、久保陽子トリオを主宰するなど室内楽奏者としても活躍。また2011年迄、東京音楽大学教授として長く後進の指導にあたった。これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている。
Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」