安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Event
  • 【報告】久保陽子ヴァイオリンコンサート祈り ご報告/

Event:楽しいこと・お出かけは心が健康になります。講演・交流会など、私たちに相応しいプランをご案内します。お誘い合わせてどうぞ。

【報告】久保陽子ヴァイオリンコンサート祈り ご報告

【日時】2012年12月01日(土) 

【場所】弓町本郷教会


12月1日に弓町本郷教会で行われましたチャリテイコンサートは、素晴らしい音楽会でした。
 弓町本郷教会は築後100年以上経つ、古いが堅牢な清々しい雰囲気の教会です。第一部は久保陽子さんの無伴奏ヴァイオリン、バッハのパルティ−タ、パガニー二の24のカプリースの独奏で、第二部はパイプオルガンとの競演でヘンデルの ラルゴ、グノー/バッハのアヴェマリア、モンティのチャールダーシュ等でした。久保さんのヴァイオリンの音色と、パイプオルガンとの合奏は私達の心を清らかに、和やかに、そして希望が沸き起こるような、力強いエネルギーを皆さんに与えてくださいました。

 今回は、南三陸町戸倉の三浦さき子さんをお招きし、演奏後、三浦さんと古里さんを皆様にご紹介しました。
 三浦さんのお話では、震災後、南三陸波伝谷の仮設住宅に18世帯の方々と暮らしています。仮設住宅4畳半1間で、高齢の母と二人暮らしです。津波で自分の家も店も失い、息子の一人は仕事を失い今は横浜の親類の会社で仕事をするようになったが、多くの人達は同様の状況です。仮設住宅で狭い部屋で人を呼ぶところもなく、また、近くに食事に気楽に行けるところもない、友人達と集まれる場所がない、そのようなことから三浦さんは以前にやっていた食堂を再開し、仲間たちの仕事の場を作り、皆がくつろげる場所にしたいと思うようになったそうです。そういう立ち上がる気持ちが出たのは古里さん達のように全国から来てくださったボランテイアの方達から元気をいただいたからとのことでした。
 助成金も下り建物は1月末から2月にはプレハブの建物ができるそうですが、助成金は必要資金のほんの一部です。更に付帯設備の資金もかかります。お話によると冷蔵庫や冷凍庫、調理台、鍋釜類、お皿など、とにかく全てが要ります。
 その資金のための応援金してくださる方を募り、また近い将来はそこの海産物を購入する、この2つのことを継続していきたいと
皆様にお話をさせていただきました。
 古里さん達は今も、南三陸町戸倉に休日には車で片道6時間かけて仲間達と訪問して、動けないお年寄りのカットボランテイアを継続されています。三浦さん達を支援するために「南三陸戸の三浦さんとつなぐ会」をつくりました。私達の支援の計画をその資料に載せ、当日皆様に配布しました。支援の具体的なお願いは近日、皆様にご案内させていただきますが、ご賛同いただける方はどうぞ、
こちらまでと連絡ください。
sanriku@shokusai.jp

 素晴らしい久保陽子さんと中村文栄さんの演奏に皆様の心を豊かにしていただきました。
ある楽器関係の大手の会長・社長が“こんなに感動したヴァイオリンの演奏はしばらく聞いたことがない”と絶賛されたそうです。演奏と皆様の真心がどなたの心にも響いたように思いました。多くの方のご協力とご支援に感謝しております。      (杉本記)

久保陽子ヴァイオリンコンサート祈り ご報告

プロフィール

    久保陽子 Yoko KUBO ヴァイオリン
    3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業、同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、ジャパン・ストリング・クヮルテット、久保陽子トリオを主宰するなど室内楽奏者としても活躍。また2011年迄、東京音楽大学教授として長く後進の指導にあたった。これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている。
Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」