安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • People
  • 高橋 久仁子さん さん/じたばたせず、普通に暮らす

People:人物にスポットを当て、ためになる話、経験やその方の哲学など、プロ・アマのさまざまなジャンルの方から伺います。

高橋 久仁子さんさん/じたばたせず、普通に暮らす
掲載にあたって

杉本からの問いに対する高橋久仁子さんからの返信は、あくまでも個人的なやりとりの中でのものです。最初にお断りしておきます。

杉本からの最初のメール(骨子)

◆2011.3.24
高橋久仁子 先生

今、私たちに何ができるかということを考えていますが、役に立つ情報を提供するということが使命かなと考え、高橋先生にご連絡させていただく次第です。

今回の原発の被害で流出された放射能の人体への影響を心配される方が多いと思います。日ごろ、生活の中でも多少の被爆はあるとも聞きますが今回のような数値が人体に与えるものはどの程度のものか、いたずらに怖がっても仕方ないことだとも思います。

以下、おたずねいたします。
1.放射性物質が体内に入っても、それを排出できる栄養素や食事の仕方があるのでしょうか。
2.放射性物質の影響を減らす調理法や食べ方があるのでしょうか。
3.バランスのとれた食事で身体の免疫性を高めれば、影響は防げるのでしょうか。

ご協力いただければ幸いです。

杉本美樹枝

高橋久仁子さんからの返信(全文)

◆2011.3.29
杉本様

いただいたご質問にはおこたえいたしかねます。私は放射線ではなく、食・栄養の領域を専門としています。その立場から、現在起きていること・起きつつあることを見極め、判断したいと努力していますが、他人様に解説するのは僭越に過ぎます。

電力の大量消費社会を誰が生み出したかの責任論をいまさら云々しても仕方ありませんが、日本国民は被災しなかった私たちを含めてその恩恵を当たり前のように享受してきました。3万人が命を落としたであろうこの大災害に及んで、そしてごく普通の日常生活さえ、ままならない人々が10万人を超えて存在している現状がありながら、微量の放射線が我が身に及ぼすかもしれない悪影響におびえ、それから免れたいとは、根性が狭すぎませんか。

自分は損をしたくないと思う人は「これを食べる(飲む)と放射能の害から身を守れます」という宣伝にころりとだまされ、ありもしない「マジックフーズ」に高いお金をつぎ込むのかもしれません。そんな金があるなら、被災地に回せ、といいたい思いです。

群馬県は今、ほうれん草とかき菜が出荷停止です。畑でもみくちゃにされるかき菜がもったいないと、昨夜知人がたくさん持ってきてくれました。早速ゆでて、あじわいましたがそのおいしかったこと。これが出荷停止で捨てられてしまうのは変だね、と語り合いました。

公衆衛生の領域では「50歳以上人口率」という指標があります。世界には50歳を超えて生きられない人々がたくさんいます。これから福島原発で何があろうとも、私はじたばたせず、普通に食べ、普通に暮らしていくつもりです。

高橋久仁子

高橋久仁子さんのご紹介

高橋久仁子さんは「フードファディズム」に警鐘を鳴らし続けています。
「フードファディズム」とは、「食べものや栄養が健康や病気に与える影響を誇大に信奉すること」。
○○を食べると健康になるとか、○○をとると病気になるとか、そういった情報のことで、とくに健康食品において顕著です。

私たちも、食にまつわるさまざまな情報に惑わされがちです。
「食べものは食べもの。生命維持に必要な栄養を与えてくれるもので、毒でも薬でもありません。食品のどれかの成分だけを取り上げて健康との関連を言うならば、それはもう食べものではありません」と高橋さんは明快です。

「立ち帰るべきは、人間は雑食性の生物であるということ。であるならば、ことさらに『これを食べてはダメ』という食品はありません。
健康に暮らしたいのであれば、適度な食事・運動・休養を心がけることです。
人間は昼行性の生物なので、昼は働いて夜は寝る、それだけのこと」

私たちは「いったい、何をどれくらい食べればいいのか」。
この問いにも高橋さんは明確に答えてくれます。今後、みなさまにもお伝えしていきたいと思います。

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」