安全で美味しいものを「楽しく」求めて活動中! NPO法人地の塩食菜くらぶ

地の塩食菜くらぶ

ほんまちひろホームページはこちら
  • HOME
  • Visit
  • <夢農楽>を訪ねる/おいしく安全な野菜のわけは?

Visit:現場を訪ね、ナマの姿をリポートします。

<夢農楽>を訪ねる/おいしく安全な野菜のわけは?
夢農楽の柴海さんを知る


 “誠実な生産者を応援する”目的で、ある生産者のお肉や野菜を食べる機会をつくるための協力を千葉のレストラン・エストにお願いして収穫祭を行いました。そしてそのレストランでも使っている野菜の生産者として、柴海裕也さん(26歳)と初めてお会いしました。
 当日にマルシェとして出店していただき、その野菜や奥様の佳代子さんのつくった珍しい加工品、例えば里芋と麹のジャムとか、赤カブのピックルスなどを展示していただきました。1歳になる息子さんをおんぶしてかいがいしく働く佳代子さんは、柴海さんと東京農大の同級生同志とのことです。トマト農家であるご両親とおばあさまと4世代いっしょに住んで、有機農法で自分たちの納得のいく農業をやっているとのことでしたので、早速、ある土曜日に訪問し、畑を見学し農業の取り組みについて伺いました。

安心できる畑


 畑はご両親のトマト栽培のハウスとは別に、自分たちのハウス、畑が2箇所にわかれて耕作されていました。
ハウスの中で肥料を見せていただきましたが、いわゆる堆肥です。植物を刈り取り醗酵させ乾燥させて、それを撒いています。柴海さんの畑の野菜は緑が濃いなと驚きました。そこからしばらく行くと他の方の栽培している畑がありました。そこでは何か臭うので何故かとお聞きしましたら、動物の糞を使っているために匂うのだそうです。柴海さんの畑の堆肥は全部自分で植物を醗酵させ乾燥したものを使っているので、畑の土壌がきれいで、そのようないやな匂いが一切ないのです。青々としたほうれん草を採って、土を払いその場で食べると野菜の甘味を感じ、ちょっと感動的でした。

いい畑について学んだこと


 以前に高崎の南雲さんからお聞きしたことを思い出しました。ホルモン剤や、遺伝子組み換えの大豆で育っている家畜糞の堆肥で育てた野菜はよくないとおっしゃっていました。余談になりますが、「遺伝子組み換えでない」大豆などを使ったと明記した味噌、醤油などを目にします。しかし、素材を栽培した土壌や肥料については全くわかりません。世田谷の大平農園の大平さんもおっしゃっていましたが、この頃は有機で育てたというと売れるから、最近まで農薬を使っていた土地で作った野菜でも有機といって販売しているところがあるそうです。土壌から農薬の残留物が消えるまでは何年もかかるのです。

信頼できる作り手を応援・私たちも購入したい


 そのように考えると、いい野菜か安心かどうかということを知ることはなかなか難しいことだと思います。見えないところの過程を信頼するのですから、作っている人の人間性、信頼性がいかに大切かということです。

 その意味で柴海さんを知ったことは大変幸運なことです。若いエネルギーで「安心とは何か」ということを学び、佳代子さんという良きパートナーに恵まれて、日夜努力されています。若いから体力気力も十分ですが、それだけではなく、自分たちの農業に対する理想や考えを実践していくことを楽しそうに実行されてます。さらに自分たちだけでなく、同じ理想をもつ若い人たちと勉強し協力し合って、同好の仲間つくりの推進者でもあります。日本農業の光明を見出したような気がしました。また、柴海さんが核になって、ご本人は気負ったところが全くなく、違うジャンルの人たちとの協力関係や情報交換をしてそれを日々生かしていらっしゃいます。若さは素晴らしいなと思いました。
 畑仕事はほとんど休日もないという日々です。佳代子さんも1歳の息子さんをおんぶして4世代家族の食事をつくり、野菜でジャムをピックルスをつくり、週末には新鮮な野菜をお届けしようと2人で袋詰めをして、1日中働いています。しかも実に楽しそうにいいお顔をされています。楽しく作るからできた野菜も加工品もどれもが美味しいのです。幸せオーラに包まれたこの夢農楽の生活は、とても素敵です。服部幸應さんが日本の家族主義がなくなったと嘆かれましたが、ここには正しい家庭・家族が残っていました。思いやりのある4世代が同居する家族、幸せの原点のようで、こういうところで育った野菜や加工品、そしてお米、美味しい筈です。
 
 私たちもこの美味しい野菜をいただきたいと思い、柴海さんから購入できるようにお願いしました。どのような内容でいくら位するのか、など、注文するのに必要な情報は柴海さんの
ホームページでみることができます。また、実際に見てみたい、訪ねたい方のために訪問する日を作りましたので、ご興味ある方は私たちにお申込みください。
 お申込みは:→こちらへ
 

 ご注文はこちらへ:shibakai@munouraku.com
「地の塩食菜くらぶ」の記事を見たとお伝えください。詳細はこのサイトで見られます。

 私たちにこのメールでご連絡いただいても結構です。柴海さんへご連絡します。
 (FAX 03-5159-0016)
         

Login

南三陸のドキュメンタリー映画『波田谷に生きる人びと』が上映中です。民族学の研究のために震災前から波田谷に通っていたのがこの映画の監督です。震災前の暮らしで、ほとんどが震災前の記録です。震災後、監督は辛くて欝になったとのことですが、それを乗り越えて映画を完成させたと聞きました。南三陸を知っている人にとっては、何かを感じるものがあります。(上映は東中野ポレポレは21日まで、他はネットで検索して下さい)(2015/08/13)

People
脇 幸二さん 食品偽装表示の問題
楠目ちづさんさん ピエール・カルダンも絶賛した

一覧

Visit
野菜の研究者 吉田企世子さんと柴海農園を見学 野菜を見て、食べて、納得された吉田さん
青梅のきのこガーデン 椎茸栽培についてお話を聴いてきました

一覧

Essay

一覧

Cooking

5月のお料理のヒントになれば・・・ 美味しいものが出揃う季節です

秋の味噌汁と健康のために玉ねぎ氷のお勧め 最近の書籍とテレビで得た情報です

一覧

Event
久保陽子ヴァイオリンチャリテイコンサート 若き音楽家たちとの共演
久保陽子チャリテイコンサート ご好評の若きピアニストとのコンサートです

一覧


地の塩食菜くらぶとは?

地の塩食菜くらぶ モバイルサイトはこちらから

※モバイルサイトをご覧いただく際の注意点

みんなで食料自給率アップ!FOOD ACTION NIPPON

農林水産省の原発事故による食品への影響を調べるポータルサイトが開設されました。
「福島第一原子力発電所事故による農畜水産物等への影響」